ももてぃの「失われた時を求めて」再読日記

文学に関しては完全な素人です。岩波文庫で読んでいます。一応、1ヶ月1巻ペース

4巻<花咲く乙女たちのかげにⅡ>p452-482.

ザ・停滞期。

何度も何度も止まりながら読んでいます。

なんだかんだ、恋愛が進む部分が面白いのかなあ…。

 

主人公は、エルスチールと早く散歩に出たくてしょうがないのですが(例の娘たちを紹介してもらうため)、エルスチールが最後の一筆を入れた花の画に興味があるふりをします。

主人公には、美徳からではなく自尊心のためにこうした行動をとる性質があるそうです。

 

実際には、エルスチールは娘たちと話してはいたものの、離れたところにいた主人公を紹介することはしませんでした。

これに対して主人公が「あのお嬢さんたちと知り合いになれたら嬉しかったんですが」と率直に伝えたのは、結構大胆だなと思いました。繊細なのにちょくちょく大胆なんですよね。

 

エルスチールが「近づきになった記念に」と小さなエスキスを渡そうとするところは、私だったら大感激するなあと思いました。それに対して、主人公は「望みのものを与えてくれない人も、別のものなら与えてくれるのである」と、随分失礼な思いを抱いています(笑)

さらに、ミス・サクリパンの肖像画の写真が欲しいと言ったり、そのモデルがスワン夫人なのではないかと訊いたり、かなり図々しい行動に出ています。自分が画家の立場だったら、何このガキって思いますね。

 

そして、主人公の質問から、エルスチールは、ヴェルデュラン夫妻からムッシュー・ビッシュというあだ名で呼ばれていた人物だということが分かります。

ここでさらに、主人公は落胆の顔をするという失礼を働くのですが(笑)、それに対するエルスチールの態度は、とても理性的で感心しました。

まだ若い主人公に対して、まずはありとあらゆる滑稽な人にならなければ最終的に賢人になどなることはできないということ、駆け出しのころの自分のすがたなどは不愉快なものであっても生きてきた証であり否定してはいけないということなどを説くのです。

とても父性がある人だなと感じました。

 

主人公の包み隠すことをしないところには、たまにイラっとするなあ(笑)

 

その後、サン=ルーの出発の場面が描かれています。

ブロックが迷惑がられている様子は、ちょっと面白かったです。

 

今日は以上です。

挫折しないように頑張ります。

4巻<花咲く乙女たちのかげにⅡ>p422-452.

今日の箇所は、ずっとエルスチールのアトリエの場面でした。

 

エルスチールの画家としての素晴らしさは、教養に裏打ちされた知性の持ち主でありながら、知性のもたらすものを脇において描こうとするところにあるようです。

 

この作品ってたまにテレビドラマ的な展開があるような気がしますが、主人公が恋い焦がれる娘たちは、エルスチールのアトリエをよく訪れており、のちに主人公が恋に落ちるアルベルチーヌも、その1人のようです。

それを知るやいなや、主人公にとって、威光のある画家エルスチールも娘たちとの橋渡し役として必要な存在に過ぎなくなります(笑)

 

色々読み飛ばした部分もあり、今日は以上です。

4巻<花咲く乙女たちのかげにⅡ>p392-422.

今日の箇所は、重要な部分がありました。

 

主人公は相変わらず、娘たちと出会うことを求めています。

少女から変貌していく娘たちについて描写している部分は、とてもメルヘンチックで素敵だと思いました。

あとは、相変わらず、はいはいって感じですが(笑)

 

今回、注目すべきは、何と言っても画家エルスチールの登場でしょう。

リヴベルのレストランで見かけた男性がスワンも言及していた有名な画家だと知ると、主人公とサン=ルーは、ボーイを通してエルスチールに手紙を渡します。このとき2人は画家の作品をなにひとつ見たことがなかったのですから、いわゆるミーハーですね(笑)

でも、エルスチールは主人公たちのテーブルに来てくれ、主人公の美術好きが伝わると、バルベックのアトリエにまで招待してくれたのです。これは嬉しいですね。

このことに付随して、芸術家のある種の純粋な気持ちや制作に向き合う中で生じる孤独への愛について考察された部分は、大変興味深いです。

 

エルスチールについては、忘れていたことも色々ありました。

まず、背は高くて端正な顔立ち、頰ひげを蓄えているという外見でした。

また、多分画風からターナーっぽい印象になっていたのですが、それもどうなのかなあとか…。「海上の日の出」を描いた小品ともあるし、モネっぽいところもあるのかしら。

 

ただ、主人公は、アトリエにまで招待してくれた著名な画家より娘たちの方がよっぽど気になっているようで、祖母の影まで薄くなってしまったそうです。

主人公って、とことんイメージ先行なんですよね。特定の少女に出会って話して気になっていくというより、出会う前から自分の中にイメージが沸き起こってきて恋が始まっていく。ジルベルトのとき(初恋)もそうだったと思います。

恋愛に関する考察で、初恋の特徴がその後の恋愛に引き継がれていくのかもしれないということも書かれていました。

 

ようやくエルスチールのアトリエに行くと、やっぱり感動したようですが。

 

エルスチールとの場面は、次回の箇所にも続いています。

4巻<花咲く乙女たちのかげにⅡ>p362-392.

昨日読んだ箇所です。

 

プルーストって、ホイッスラー好きなのかな。

私も好きです。フェルメールもそうだけど、白の表現が巧い画家が好き。

 

主人公は、相変わらず娘たちと知り合いたい欲求にかられていますね。神経もだいぶ高まっているようです。

 

一方、友人のサン=ルーは愛人に忠誠を尽くしているようですが、以前は放蕩三昧で随分女性にもモテてきたことが分かります。

 

この小説では、眠りについてネガティブな印象で記述されている箇所が多いように感じられるのですが、今回の箇所でも、疲れきった主人公がなかなか眠ることのできない様子が描かれています。

何というか、自分の体験からも、神経症傾向にある人ならではの不眠なのではないかというふうにも思われます。

 

 

主人公が娘たちとの出会いに神経をたかぶらせているところは、正直はいはいと読んでいる感じなので、今日は感想はこれくらいです(笑)

4巻<花咲く乙女たちのかげにⅡ>p332-362.

今日は、あまり時間がなくて読み飛ばしてしまった部分もあります。

 

前回、主人公が色んな女性を眺めている部分はちょっと退屈だったと書きましたが、かなり重要な箇所だったことが判明しました(笑)

すっかり忘れていましたが、今日の箇所で、それがアルベルチーヌを主人公が初めて目にする場面だと気がつきました。

 

これも、恋愛を描く時に繰り返し記述されていることですが、相手の生活を知りたくなるというのが恋の始まりのサインのようです。欲望を駆り立てるのは、相手の全生活であるということも書かれていました。

私も、何となく相手の生活が大体想像できてしまうような人(色々な部分で自分と似ていると感じる人)よりは、どんな生活をしているのだろうと感じる人(自分と違っていて刺激がありそうな人)の方に恋してしまう気がします。

もしかすると、プルーストの言う「べつの生活への渇き」が恋愛の原動力になるのかな…。

 

また、そうした想像力は、めざす対象に到達できるかどうか判然としないがゆえに、活性化するとも書かれています。

簡単に手が届かないと感じる方が、相手を知りたいと思って燃えるということでしょうか。

 

主人公は、この娘たちが「シモネのお嬢さんのお友達」であることを知りますが、このシモネ嬢がすなわちアルベルチーヌであり、のちに主人公にとって重要な意味を帯びてくるわけですね。

もっとも、主人公は既に、シモネ嬢はなかでも1番綺麗な娘に違いなく、自分の恋人になる可能性を備えていると考えているようですが、気が早すぎてちょっと面白いです(笑)

 

今日は以上です。

4巻<花咲く乙女たちのかげにⅡ>p302-332.

今日の箇所は、サン=ルーの恋愛についての考察が中心で、かなり見所もありました。

 

まずは、ブロック父子との交流の場面からです。

ブロック氏がルーベンスの作品と紹介するのは、おそらく偽物なんでしょうね。

署名があるのかと馬鹿正直に訊ねるサン=ルーは、何かお坊ちゃんだなあと思いました。

そのあと、ブロックがサン=ルーの叔父であるシャルリュス氏のことをひどい言葉でけなしたのは、ちょっと意味が分かりませんでした。激怒かつ絶交されて当然くらいの、普通にひどい言動だと思います。

 

続いて、サン=ルーの恋愛に付随する考察です。

プルーストは、女性と付き合うことで男性は変わる、女性から学び取るものがあるということを、繰り返し記述してきているので、そういう印象をもっていたのでしょう。ここではストレートにそのことが書かれています。

女性には男性よりも感受性が豊かで繊細な配慮を要することに関心を寄せるため、そういったところから私利私欲を離れた交友の大切さなどを学べるというのです。

…男性視点で恋愛から学び取るものを考えたことはなかったけれど、どうなんですかね。元々そういう繊細な配慮のできる男性もいるんじゃないかなあとも思うのですが。

 

ただし、今のサン=ルーの恋愛事情はかなり苦しいものとなっているようで、愛人からかなりすげなくされているようです(ところで、サン=ルーは結婚している訳ではないから、この「愛人」という訳にはやや違和感を覚えます)。

この愛人は、サン=ルー自身が「美人じゃない」と言っていることから容姿が飛び抜けている訳でもなさそうであるうえ、サン=ルーに対する言動から性格もそれほどよさそうでなく、立場も自称女優みたいな感じに過ぎないのに、サン=ルーのように優しく知性の高いお坊ちゃんを夢中にさせられているって、どんだけラッキーなんだと思ってしまいますが…。

 

そのあとの、主人公が1人で色んな女性を眺めている場面は、ちょっと退屈な感じだったので割愛します(笑)

 

今日は以上です。

サボったときが長すぎたせいか、ぎりぎり今月中に読み終わらなさそう(涙)

4巻<花咲く乙女たちのかげにⅡ>p271-302.

ここは、今日読んだ箇所です。

 

ヴィルパリジ夫人の部屋から自室に戻った主人公をシャルリュス男爵が訪ねてきます。

主人公が寝る前に悲しみを覚えることを知り、主人公の好きなベルゴットの本をもってくるなど優しいのですが、主人公の祖母への愛情を“報いられる愛情”と語るところなんかは意味深だなと思いました。

しかし、出発の前日になって、主人公に対し「老いぼれのお祖母さんなんか、どうだっていいじゃないか」とか、当たり前の感情を口にするのは控えろとか、相手の言葉に食ってかかるような答え方をするなとか、言ってきたことには驚きました。主人公がシャルリュス男爵の真意というか秘密というか、その部分を汲み取れなかったことにイライラしたんでしょうか。

 

続いて、ブロックの父親が登場しますが、ただ見かけただけの有名人をさも交流があるように言うのは、いけすかないですねえ…。

ブロック一家は、子供たちが父を慕い、妹が兄(ブロック)を慕っていて、結束が固い家族なんだなという点ではいい面もあるとは思うのですが…。

 

今日は、以上です。